複数の金融機関からのローンは金利の低いところでまとめよう

借金をしているつもりが無くても、いつの間にかかさんでいた毎月の返済。引き落とし日が金融機関によって違いがあり、金利も差があったのでどうにかならないものかと悩んでいました。

わたしの借金の内訳は、車のローンが80万円、金利は18%が一つ目。エステのローンが30万円、金利は18%が二つ目。趣味の楽器を購入した際に銀行のカードローンを利用し20万円、金利は14%が三つ目。合計で130万円を三社の金融機関へ返済していました。

どこでローンをまとめるかが悩みました。

エステや車のローンは、契約した際にお店や代理店から勧められたローンを組んだため、金利が高めに設定されていました。一番金利の低かったのは銀行ローンを利用した楽器の購入分でしたが、なんとかそちらでまとめられないか銀行に相談してみることにしました。

メインバンクでのおまとめは親切に対応してくれました。

とりあえず、一番金利が低かった銀行のカードローンですが、わたしはメインバンクとして口座を所有していた東京三菱UFJ銀行で、バンクイックというカードローンのサービスを利用していました。おまとめ専用の別会社のローンの利用も考えましたが、新たに契約手続きをするのも煩わしく感じた為、三社の中で一本化しようと考えました。

UFJ銀行のカードローンでは融資限度額が500万円でしたのでこちらを利用して、車のローン代とエステのローン代の110万円を借りて返済しようと思ったのです。

追加のカードローンの融資は限度額内であったこともあり、新たに審査や契約の書類を出すこともなく、借りることが出来ました。

結果的にこの選択が一番お得でした!

無事、現状の三社の金融機関から一社へとローンの一本化に成功しましたが、インターネットなどで調べてみると、この選択が一番スマートであったことが気付きました。

まず、他社のおまとめ専用ローンを新たに契約しようとした場合、とても審査が厳しく時間がかかるそうです。また、必ずしも金利が安く抑えられるとも限らず、追加の融資も受けることは出来ません。おまとめ専用のローンだと、融資の用途が限定されてしまうため、融資されるのは他社からの借入相当分のみとなってしまいます。

また、他社への借入状況を証明する書類も提出し、審査回答を待たなければならないとの口コミもありました。

銀行ローンの審査がすでに通っているのであればおまとめは簡単です。

一社でもすでに金利の低い銀行のカードローンを利用していた場合、新たに契約申込をすることもありません。追加融資をうければ他のローンの返済に一括で返すことが可能です。一番金利の低いところに借金をまとめることが出来れば、返済日も一回で済み金利も安く抑えることが出来ます。わたしのように数社からローンを組んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

内緒でキャッシングするなら

カードローンでお金を借りることを家族や職場に内緒にしたいという方は少なくありません。お金の相談をしにくいことや不安にさせたくないというのが大きな理由だと言われています。実際にキャッシングを内緒にすることは可能です。そのためには事前準備が大切。まず家族に内緒にするなら自宅への郵送物を気をつけましょう。自動契約機へ行ってカードや契約書類を受け取ることや月々の明細書はWEB明細を使うなどの方法が効果的です。一方、職場にバレないように借りるには職場連絡の方法を考える必要があります。日頃から電話がかかってくる職場なら問題ありませんが、滅多にかかってこないところでは電話が原因でバレる可能性があります。電話なしにするならキャッシングの申込後、フリーコールへかけて相談するのがオススメ。職場に連絡して欲しくない理由をしっかりと伝えておけば柔軟に対応してくれるので誰にもバレることなくお金を借りることができます。